第3回厚川昌男賞コンテストで演じられたオープニング・アクトをベースに、ハンドリングをやさしくし、現象を1つ加えて再構築したカードマジック・ルーティンです。選ばれたカードが捕まり、消え、別の場所から現れる、3段階の現象からなっています。

カード・ケージ (日本語解説書付)



デモムービー:

ウィンドウズPC (WMV, 16MB)
スマホ, iPhone,アンドロイド(MP4, 12MB)
マックPC (MOV, 12MB)


◆現象
観客に選んでもらったカード(ノーフォース、サイン可)をデックに戻します。2枚の白い格子状のカード(檻カード)でデック全体を挟みますが、一瞬で選ばれたカードだけを捕まえます。 観客のカードを2枚の檻カードの間に差し込みます。檻カードの窓を通して客のカードは常に見えていますが、目の前で一瞬にして消えてしまいます。消えたカードは、ネクタイピンに挟まれた状態で現れます。(もしくは、カードケースの上など全く別の場所から現れます。)

「いつの間にかカードがネクタイピンに挟まっている」というマジックは、ムッシュ・ピエール氏によって長年演じられており、氏の演技のほうが有名かもしれません。実はこのマジックは、谷英樹氏が「カンタン アタック」というタイトルで1992年に『掌PALM 9号』で発表したものであり、それを気に入ったピエール氏が谷氏より使用許諾を得てレパートリーに組み込んだものです。

一方、檻カードの間に挟んだカードが消えるマジックは、「バイシクル・バニッシュ」というタイトルで、第3回厚川昌男賞受賞記念配本にてその秘密が発表されました。しかしながら、Steve Cohen氏とRichard Kaufman氏が厚川昌男賞受賞者らの作品を集めて編纂した洋書『Japan Ingenious』には掲載されませんでした。恐らく、精巧なギミックカードを自作する必要があることと、特殊なカウントを必要とする少し難しいハンドリングが、掲載を見送った一因だったのかもしれません。そのあたりは、今回の商品化に伴い全て解消され、すっきりとした手順となっています。

窓の向こうが見えることで仕掛けを感じさせないシンプルなギミックと、巧妙な手順構成が特徴的な「カード ケージ」。 観客から注視される中で“瞬時に忽然と消え去る”ビジュアルな現象と、ミスディレクションの効いた“いつの間にか現れている”意外性に満ちたトリックをお楽しみください!

商品内容:
☆ギミックカード一式(檻カード2枚)
☆解説書(実演動画のURL・QRコード記載あり)

※レギュラーデックは付属しません。U.S.プレイング・カード社のバイシクル・ライダーバック(赤裏)を別途ご用意ください。

カード・ケージ (日本語解説書付) 2,160円 (税込)

 




このページのトップへ




新製品情報

カードマジック

クロースアップ・マジック

超能力マジック

メタル・ベンディング

コインマジック

フローティング・マジック

ステージマジック

ギーク・マジック

日本語字幕付DVD

書籍

カード

コイン他

サムチップ

PKリング

当店お勧めマジック


表紙へ 

当店サイト内検索


送料 お支払い方法 ご案内 

特定商取引法表示


買物カゴを表示(買物カゴが表示されない場合には、ウィンドウを切り替えてください。)